経営者・士業・講師・コンサルタント専門の出版・編集プロダクション

出版業界専門M&A

当社は出版業界のM&Aコンサルに大きな強みがあります。それは出版社の実情を知り尽くしたコンサルタントがいるからです。
M&Aは自社の経営戦略と密接に関係するものです。M&Aを行う妥当性や、然るべき時期などを適切に判断する必要があります。出版業界に精通しているからこそ、これらの正確な判断ができるのです。
経営者に寄り添い、M&Aを成功へと導きます。
近年、M&Aという言葉は連日のように目にするものとなりました。
しかしM&Aが失敗に終わるケースも数多く存在します。M&Aがうまくいかない最大の要因は、明確な経営戦略の欠如によるものです。ただ、M&Aのノウハウ不足も失敗要因として見逃すことはできません。
会社の売却においては、会社の事業性(ポテンシャル)が非常に重要です。成功させるためには事業性(ポテンシャル)を買収企業に最大限アピールして、「この会社を買収することで大きなメリットが期待できる」と思ってもらわなければいけません。
企業買収はあくまでも経営戦略における一つの「手段」です。経営戦略上、シナジー効果が期待できるなど、「有効」と判断されたとき、企業買収が行われます。
出版業界でM&Aをしようとしたとき、自社でノウハウを蓄積することも重要ですが、出版業界の経営と事業性に精通し、M&Aのノウハウを持ったコンサルタントに相談することが成功を左右することになるでしょう。
M&A
で会社を売りたい

M&Aで会社を売りたい

自分の会社は売却対象になるのか?
そんなお悩みを持つ経営者様へ
このようなお悩みで
会社売却の相談まで
諦めていませんか?
我が社の売上では売却が難しいとお考えの方
後継者問題で頭を痛めている方
今後の経営方針で迷っている方
金融機関の借入額から売却は不可能とお考えの方
銀行融資のリスケジュール中だから対象にならないとお考えの方
そんな企業経営者は納得のいくリタイアができないのでしょうか?
もちろんそんなことありません。
当社は、出版業界におけるM&Aを熟知しております。
経営改善によって売却企業の企業価値を高め、 売却の可能性を大幅に高めることが可能です!
当社が売却企業を評価する際、最も重視する点は何だと思いますか?

「損益計算書」で利益が出ているか?
「純資産」がどの程度積み増しているか?
「売上推移」の安定性?

それらも重要ですが、最も重視するのは
「事業性(ポテンシャル)」です。

では、「事業性」とは何でしょうか?

それは「売上を上げる仕組み」や「取引先とのコネクション」「得意とする商品やサービス」「従業員の能力や資格」といった、
各会社に必ずある「強み」です。


「当社のサービスや商品に知名度さえあればもっと売上が期待できるのに」
「内製化できれば利益確保できるのに」
「広告や営業さえ強化できれば・・・」
こうした点を丁寧にヒアリングし、「強み」「課題」「改善点」を明確にした上で
買手企業へアプローチを行います。


買手企業によっては貴社の「商品性」を評価するかもしれません。
別の買手企業は「取引先」を、また別の企業は「従業員」に魅力を感じるかもしれません。

大切なことは「強み」のアピールです。
貴社の「強み」に魅力を感じ、それを大きな利益に変えられる買収企業を見つけるのです。
その際に「営業利益」や「純資産」は些細なことなのです。
必ずしも貴社の魅力や価値は「利益」や「純資産」だけで判断できない
ということがおわかりいただけると思います。

会社や事業が売却できるかどうかを考えるのは、
売手企業側ではなく買手企業なのです。
もちろん買手企業にも条件がありますが、その条件さえクリアすれば売却できない企業はないのです。

売却の確率を上げるコツは「自社の強みや課題を知り、経営改善すること」です。
当社ではその後押しをして、会社売却の可能性を大幅に引き上げます。

現時点で売却先がなくても、 経営改善によって必ず売れる

出版業界のスペシャリストだからこそ、企業の問題点、今後の売却可能性の目利きができます。
今、売却が難しくても
経営改善によって納得のいくリタイアが待っています。

 M&Aで会社を買いたい

自社にとっての「良い案件」の定義とは
企業買収をお考えの経営者様へ
企業買収に
こんな不安はありませんか?
結局その会社を売却することになった
期待したほどにシナジー効果を感じない
せっかくの人材が企業買収後に辞めてしまった
企業文化の違いから従業員に不満の声があがる
大企業のM&Aが失敗に終わった事例を見ると、上記のような不安を感じても無理ありません。
しかし出版業界を熟知し、多くのM&Aを手がけてきた当社だからこそ、
こうした不安を解消し貴社のさらなる飛躍となるM&Aのお手伝いができます。
M&A成功の鍵となる前提条件は「売手企業の選定」ですが、それが困難になっています!

少し前までM&Aといえば、大企業がするもので、
中小企業には関係ないと考える経営者が多くいました。
しかし現在では中小企業同士のM&Aも珍しくありません。
これを背景に、M&Aのコンサルタントを行う税理士事務所や企業、銀行の参入も多く見られるようになっています。

こうしたなか、M&Aに関する情報は飽和状態になっています。
ネット検索すれば、ある程度「売り手」の情報も取得できてしまう世の中になりました。
しかし、例えば銀行では自行の取引先同士でM&Aをさせるなどして、
内部で完結させ、優良な案件が外に出なくなってきています。

また、優良な売却案件でも譲渡価格が高騰しており、
買手企業が望む売却案件の選定が非常に難しくなっています。

リンケージでは2つのメソッドを用い、多くの企業のM&Aを成功に導いています。

Method1

売却対象の「オーダーメイド」
M&Aをしたい企業で
儲かっている企業のM&A案件を教えてください
何か優良な案件はありますか?
という問い合わせをいただくことがあります。
しかし、これでは紹介は難しいです。
M&Aを洋服の買い物に例えてみましょう。
店員に
「良い服をください」
「人気の服をください」
と言っても、本当に似合う服を手に入れることはできません。

誰が着るのか、何に着る服か、着る人の好みなどを総合的に判断しなければ、
満足度の高い服は求めることができないでしょう。

M&Aも同様です。買手企業のことをしっかりと聞いた上で、ピッタリの案件を探す必要があるのです。

しかし、既に書いた通り、優良案件は外に出なかったり、価格が高騰したりしています。
貴社が「欲しい」と思った服は、他社も「欲しい」と思うのです。

そこでリンケージが提案しているのが「オーダーメイド」です。
売却対象案件になりそうな企業へアプローチし、
買手企業にピッタリの案件を「創造・発掘」するのです。

Method2

「みにくいアヒルの子」を見出す
多くの会社が買収対象と考えない企業を買収します。
一般的に、どんな企業だと買収対象から外されるでしょうか?

M&A業界において、営業利益が赤字の企業や、借入が多かったり、債務超過になっている企業は積極的に取り扱おうとしません。
なぜなら譲渡先を見つけるのが“面倒”だからです。

これは、M&A業界の報酬体系が原因と考えられます。

M&Aのコンサルタントは成功報酬が基本です。
したがって成約の可能性が高い案件から優先的に扱われます。要は“コスパが良い”のです。

では、“コスパの悪い企業”はM&Aにおいて譲渡先を見つけられないのでしょうか?

答えは「NO」です。

他社の買収対象とならない企業をあえて買収し、
業績を回復させるという手法を採用している上場企業もあります。


つまり、買手企業の経営戦略、成長戦略によっては、
赤字の企業でも、債務超過の企業でも、魅力的な買収対象になるのです。
買収後、その企業を経営改善できるのであれば、対象企業の選択肢はぐんと増えます。

自社の現状を正確に把握し、売手企業の潜在能力を正しく評価することができれば、
誰も見向きもしなかった企業が貴社にとっては美しい白鳥となることでしょう。