経営者・士業・講師・コンサルタントのコンテンツに特化した出版社

校正・校閲

言葉の品質を高めるのがしっかりした校正・校閲です。
目立たない工程ですが、ここを疎かにすると文章全体の説得力が激減します。信頼できる校正・校閲によって、クライアントが伝えたい情報を確実に読者へ届けるためのお手伝いをします。

校正・校閲の重要性

校正・校閲は、誤った情報を記載することで生じるリスクを低減し、内容の品質を高めるために、必要な作業です。
特にネットの文章は、校正・校閲に対する認識が低く、誤字・脱字が氾濫している現状があります。
弊社では、紙の書籍のみならず、電子書籍の校正・校閲も行っております。
電子書籍での出版が手軽になった今だからこそ、商品の品質を上げることはとても重要です。
562e09b4380972747314cb08c7457239_s

― 校閲 -

joanna-kosinska (1)
基本的な校正は、おもに下記の内容で行います。

原稿突き合わせ:原稿(手書き・テキストデータ)、表計算ソフトのデータなどとの突き合わせ作業を行います。
素読み:誤字脱字、日本語の表現として不自然な点、体裁の誤り、漢字と記号の混同などがないか、校正対象を読んで確認します。
赤字照合:原稿の修正点が初校で反映されているか、初校の修正点と再校と、校正を行う全ての段階で修正内容がきちんと反映されているかを、漏れなく確認します。

チェック項目の例
・誤字・脱字・誤植
・整合性(図版、索引、目次、注、柱などと本文の照合)
・通し番号
・表記の統一
・文法
・本文、参考文献、図版の組体裁 など

― 校閲 -

原稿を読み、書かれている意味や内容に踏み込んで誤りを正します。敬語や文法が日本語として正しいかだけではなく、各種文献やインターネットなどと照らし合わせ、事実と異なる部分はないかを確認します。

チェック項目の例
・商標
・固有名詞(人名、団体名、ブランド名など)
・年号
・電話番号・住所・URL
・差別語、不快語
・著者プロフィール
・参考文献名
・歴史的事象
・音楽著作権 など
dmitry-ratushny

― 費用 -

校正


作業内容


料金


素読み


1,500円~/1頁


赤字照合


量によりご相談となります

校閲


作業内容


料金


素読み・事実確認


2,000円~/1頁